高校生のころなんてかばんは薄さが命でした。
団塊ジュニア世代の三宅です。
ども!


あの美意識はなんだったんだ

バンドブーム世代

IMG_1040



○●○●○●○●○○●○●○●○●○

さて。


数年前のことなんですが
『おしゃれってなんだろう?』というテーマでトークセッションをしたことがあります。
その時に導いた答えは

おしゃれ=人と違うもの

というものでした。


人は誰でも、他人と差別化したい欲求があるんと思うです。
だってそうじゃありません?
全く同じユニフォーム(制服)を支給されているにもかかわらず、私たちはスカートの長さをいじったり、ボタンを2つ外してみたり、革のかばんに熱湯をかけて風呂場で潰して糸で縫ってわざわざペチャンコのペチャにしてみたり(カバンに対するひどい虐待だったよまったく)・・・人と違う(見本通りとは違う)着こなしをアレンジをして、おしゃれ(イケテル)と信じて疑わずにいたりするわけです。


そうやってみんながみんな同じようなアレンジをすると結局それがみんなと同じなので没個性っていうジレンマ


ちなみに・・・でも日本人はどうなんだろ?
人と違うおしゃれより、人と同じという安心のほうを選びがち?

ニトリ売れる理由きっとそれ



○●○●○●○●○○●○●○●○●○

インテリアの話をします。
間取りが同じマンションでも
『お隣さんとは違う部屋』にしたい、差別化をはかりたい、と思う人がいます。
お隣さんのキッチンの色、赤なんですって?あら、かぶるのは嫌だわ、じゃぁうちはブルーで。
ってね。


おしゃれな部屋というのは、
みんなと同じじゃない部屋のこと

を言うんじゃないのか!?っていうのが、
当時のトークセッションで話したことでした。
さて、それを踏まえながら、今日は
どういうものがおしゃれなインテリアなのか、
具体的な事とコーディネート手法をお話してみたいと思います。


この続きはオンラインサロンメンバーさん限定でお読みいただけます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。